ONE OK ROCK 欠落オートメーション 歌詞

ONE OK ROCKの「欠落オートメーション」歌詞ページ。
「欠落オートメーション」は、作詞:Taka、作曲:Toru/Taka。

欠落オートメーション

歌:ONE OK ROCK 作詞:Taka 作曲:Toru/Taka

いつ どんな時 どんなタイミングで
僕はそれを失ってしまったんでしょう?
深層心理を探ったところで 何の意味も無くて

腐って落ちた果実 狂って実った現実
月が照らしだした方角 時に忘れそうな感覚

みんな全部しょい込んで 気づきゃもう今日が終わっていて
求めてた日々はこんなモンだっけ?

With my speechless calm eyes
Nothing is coming to rise
道しるべにと落とした小さい石
暗くて辺りが見えなくなりそうなとき 迷った僕を軌道修正さ!
リセットなんてしなくたってリスタート

ここはどこで僕はさぁ誰だ?
たまに分かんなくなんだ!だってさ
周りが思うよりもずっともっと凄いスピードで
物事は動いているんだ そうだ!これは罠だ!思わぬ落とし穴だ!
自分の夢探しのために掘り進んできた穴はもはや

光すらささなくなって 落ちたら最後
生ける屍

何気なくつけたテレビに映る愛想笑いしたその小さい子に
僕は実際一切癒やされることなく
自分を重ね合わせてみたりなんかしちゃったりして
Ah

With my speechless calm eyes
Nothing is coming to rise
道しるべにと落とした小さい石
暗くて辺りが見えなくなりそうなとき 迷った僕を軌道修正さ!
リセットなんてしなくたってリスタート


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net