青山テルマ 愛してるよ、さよなら、 歌詞

青山テルマの「愛してるよ、さよなら、」歌詞ページ。
「愛してるよ、さよなら、」は、作詞:Thelma Aoyama、作曲:Thelma Aoyama・3rd Productions。

愛してるよ、さよなら、 歌詞

歌:青山テルマ

作詞:Thelma Aoyama

作曲:Thelma Aoyama・3rd Productions

一秒でも長くあなたと笑っていたかった
たまにそう思うよ 今でも思うよ
苦しい夜もある
けどそう思えるのは本気で愛し合ったからこそ
涙が嫌いなあなただけど
あの夜やっぱり泣けばよかった

子供なりに愛を知って
二人で大人になっていった
あなたに愛されたくて
もちろん背伸びもした
自分よりもあなたを想って
失ったものもあるけど
それでも
それくらい
大事な人

「愛してるよ」 これからも
どんな人を愛しても 忘れないよ
「さよなら」から
「永遠」が生まれるなら
永遠なんて最初からいらなかった
「愛してるよ」 あの夜に
強がらずに素直に 言えばよかった
「さよなら」よりは簡単に
言えるはずなのに
言えたはずなのにね

今振り返ると本当に色々あったね
それでも不思議と 思い出せるのは
楽しい時ばかり
だから「ヨリ戻そう」その言葉が聞きたい訳じゃない
「本当に好きだった」この言葉が
たまに聞きたくなる 図々しいよね

涙が出るくらい笑って
また朝がくるまで抱き合った
寝顔に何度もキスされたのも知ってた
あなたの為なら何でも
してあげたいと思ってたよ
それくらい
あなたは
特別な人

「愛してるよ」 これからも
どんな人を愛しても 忘れないよ
「さよなら」から
「永遠」が生まれるなら
永遠なんて最初からいらなかった
「愛してるよ」 あの夜に
強がらずに素直に 言えばよかった
「さよなら」よりは簡単に
言えるはずなのに
言えたはずなのにね

「愛してるよ」 これからも
どんな人を愛しても 忘れないよ
「さよなら」から
「永遠」が生まれるなら
永遠なんて最初からいらなかった
「愛してるよ」 あの夜に
強がらずに素直に 言えばよかった
「さよなら」よりは簡単に
言えるはずなのに
言えたはずなのにね

文字:
   
位置:
 



青山テルマの人気歌詞

人気の新着歌詞

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

BRAVE (通常盤)

BRAVE

We're gonna rock the world ...

天気の子

大丈夫 (Movie edit)

RADWIMPS

世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見え...

天気の子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

RADWIMPS

聴きたい曲も見つからない 憂鬱な一日の始まりが君の...

青春トレイン(Someday Somewhere盤)

青春トレイン

ラストアイドル

トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン ...

ファンファーレ! (通常盤) (特典なし)

ファンファーレ!

Hey! Say! JUMP

The beginning of Summer...

RPM -Japanese ver.-

SF9

Yeah 瞬きさえすり抜けて Heart boom b...

Chao Chao(CD)

Chao Chao

Happiness

マジで大分タイプ見る度あたしハイプmy hea...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

飛行艇

King Gnu

どんな夢を見に行こうか正しさばかりに恐れ戦かないで...

THIS IS LOVE

キム・ヒョンジュン

空の青さが違って見えるのはuh tell me w...

SHINING STAR

#HASHTAG

BREAK MY HEART 届かない想いと誰より...

バッドパラドックス (通常盤) (オリジナルステッカー付)

バッドパラドックス

BLUE ENCOUNT

あの日気付けなかったSOS 未だに追いかけてる白と...

キヅアト

センチミリメンタル

君が置いてったものばっかが僕のすべてになったの...

幻影列車(通常盤)

幻影列車

SIX LOUNGE

Good bye. そんなのちょっと照れくさいよな...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net