サカナクション アムスフィッシュ 歌詞

サカナクションの「アムスフィッシュ」歌詞ページ。
「アムスフィッシュ」は、作詞:山口一郎、作曲:山口一郎。

アムスフィッシュ

歌:サカナクション 作詞:山口一郎 作曲:山口一郎

アムステルダム 雲の切れ間で頷く魚が
進む僕らの背中眺めて笑っているよ

遠くから聞こえてくる音 それはどこかで
悲しい雨の間をすり抜けるゆらゆら泳ぐ魚の音

アムステルダム 見えたり隠れたりしてきたのは
少しだけ僕らが大人になってきたからな

アムステル

アムステルダム 雲の切れ間で頷く魚が
進む僕らの疲れた後ろ髪 引っ張っていたんだ

最終電車の疲れた風の音 それはまるで
煙りのようだ 淋しい僕らの煙りのようだ

でもいつの日か 僕の心は夜を泳いで
歩き疲れた君の隣にたどり着くよ

ラララララララ‥‥

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net