サカナクション 朝の歌 歌詞

サカナクションの「朝の歌」歌詞ページ。
「朝の歌」は、作詞:山口一郎、作曲:山口一郎。

朝の歌 歌詞

歌:サカナクション

作詞:山口一郎

作曲:山口一郎

あとどれくらい僕は深く潜れるだろう
何気なく見た窓の外はまだ夜

あとどれくらい僕は深く潜れるだろう
眠りの中で迷うように泳ぐ

ほら 朝が星や月を食べてく
今 夜がそれに気がつく
表と裏
表と裏
面白くない朝日が染み込む

あとどれくらい君と深く話せるだろう
消し忘れてたテレビの中には海

あとどれくらい君と深く話せるだろう
床に寝転び背泳ぎをしてた

ほら 朝が海や空を食べてく
今 君がそれに気がつく
表と裏
表と裏
隣り合ってた表と裏

僕らは朝に船を浮かべる
いつか そういつかそれで旅する
表の歌
表は裏
隣り合ってた水面と空
表と裏
表と裏
面白そうに朝日を眺める飛び魚になる

文字:
   
位置:
 



サカナクションの人気歌詞

朝の歌の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net