合唱曲 最後のチャイム 歌詞

合唱曲の「最後のチャイム」歌詞ページ。
「最後のチャイム」は、作詞:山本 惠三子、作曲:若松 歓。

最後のチャイム 歌詞

歌:合唱曲

作詞:山本 惠三子

作曲:若松 歓

チャイムが鳴った
最後の授業の終りを告げて
そうしていつものあいさつしたけれど

誰もがみんな
一瞬だまって顔見合わせた
ぼくたちの思い出が遠い空へと返る

はじめてとびばこがとべた日のこと
雪の日 まっ白にそまった校庭
ささいなことでけんかして
体育館のかげで泣いたこと

今 卒業のとき
胸にこみあげるものがあるけれど
まっすぐ顔をあげて
さよならの向こうには何かがきっと待っている

チャイムは 今も
こころをゆらして鳴りつづけてる
きょうの日をいつまでもとどめおきたいけれど

あだ名で呼び合って笑いすぎた日
花壇のひまわりは青空高くに
つくえのすみのイニシャルは
消さずにおいていてもいいだろか

今 卒業のとき
道はすこしずつわかれゆくけれど
勇気と希望 もって
さみしさをのりこえて明日へつよくふみだそう

今 卒業のとき
さよならの向こうには何かがきっと待っている

文字:
   
位置:
 



合唱曲の人気歌詞

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net