back number KNOCK 歌詞

back numberの「KNOCK」歌詞ページ。
「KNOCK」は、作詞:清水依与吏、作曲:清水依与吏。

KNOCK 歌詞

歌:back number

作詞:清水依与吏

作曲:清水依与吏

夜の風が窓をたたく 君はうつむいている
涙流せない二人を言葉が遠ざけてゆく

ただなんとなく君だけはここにいてくれるような
理由もない思い込みが窓の外で ゆらり

泣きたいのに泣けないのは
たぶん誰のせいでもなくて
弱い僕と弱い君が精一杯想ってるだけ
君の顔が見えないのは
ずっと抱きしめているからだろう
そんな事に気付けぬまま
必死に目をこらすんだけど

君が何も言わないのは
結末を知っているからなの?
震える手に触れないのは

泣きたいのに泣けないのは
たぶん誰のせいでもなくて
弱い僕と弱い君が精一杯想ってるだけ
君の顔が見えないのは
ずっと抱きしめているからだろう
そんな事に気付けぬまま
必死に目をこらすんだけど

文字:
   
位置:
 



back numberの人気歌詞

同名の曲が5曲収録されています。

KNOCK(HY)

KNOCK(爆弾ジョニー)

KNOCK(Goodbye holiday)

knock(Hundred Percent Free)

Knock(CHAGE and ASKA)

KNOCKの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net