星野源 湯気 歌詞

星野源の「湯気」歌詞ページ。
「湯気」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

湯気 歌詞

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

湯気の中は 日々の中
雨雲になって
いつの間にか 部屋の中
しとしとと雨が降る

なにか茹でろ 飯を食え
雨雲使って
するとなぜか 僕の中
とくとくと目から水が出る

枯れてゆくまで 息切れるまで
鼓動止まるまで 続けこの汗
我は行くまで 幕降りるまで
繰り返すまで ゆらゆらゆら

湯気の川は 天の川
雨雲の上で
光る星は 見えぬまま
人知れず照らす日々がある

晴れてゆくまで 雲切れるまで
消えてゆくまで 続けこの声
湯気は死ぬまで 飯炊けるまで
繰り返すまで ゆらゆらゆら

枯れてゆくまで 息切れるまで
鼓動止まるまで 続けこの汗
我は行くまで 幕降りるまで
繰り返すまで ゆらゆらゆら

文字:
   
位置:
 



星野源の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

湯気(チャットモンチー)

湯気の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net