星野源 ストーブ 歌詞

星野源の「ストーブ」歌詞ページ。
「ストーブ」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

ストーブ

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

そろそろ ストーブをつける頃
小窓のあなたも 煙になる
泣くだけ 従姉妹は手伝わぬ
別れの言葉は 喉の中

瞳閉じたままの 額に口づけ
通夜で寝てた馬鹿も 声を上げるよ

止まった体は どこ行くの
眩しい 青空 煙は行く
そろそろストーブが 消えた頃
お酒を飲み飲み 鈍らせて

長く続く日々の 景色が変わるよ
見えぬ明日 足がすくみ うつむけば
見覚えある気配が 手を引くよ

固く閉じた扉 開いておはよう
残る君のかけら そっと拾うよ

あとひと月半は デートもしまくり
胸に残る声が 浮かび うつむけば
変な顔の面影 笑わすよ

細く伸びる煙 両手を合わせて
君のいれものに
またね さようなら

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net