放課後ティータイム 天使にふれたよ! 歌詞

放課後ティータイムの「天使にふれたよ!」歌詞ページ。
「天使にふれたよ!」は、作詞:稲葉エミ、作曲:川口進。

天使にふれたよ!

歌:放課後ティータイム

作詞:稲葉エミ

作曲:川口進

ねぇ 思い出のカケラに
名前をつけて保存するなら
“宝物”がぴったりだね

そう ココロの容量が
いっぱいになるくらいに
過ごしたね ときめき色の毎日

なじんだ制服と上履き
ホワイトボードの落書き
明日の入り口に
置いてかなくちゃいけないのかな

でもね、会えたよ! すてきな天使に
卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから
一緒の写真たち
おそろのキーホルダー
いつまでも輝いてる
ずっと その笑顔 ありがとう

ねぇ 桜の木もちょっと
背丈が伸びたみたい
見えないゆっくりなスピードでも

きっとあの空は見てたね
何度もつまずいたこと
それでも 最後まで歩けたこと

ふわり放課後の廊下に
こぼれた音符の羽根
ふかふか積もるまで
このままでいれたらいいのにな

でもね、ふれたよ! 愛すべき天使に
ただいまって言いたくなる
この場所は変わらないよ
メールの受信箱
○(マル)したカレンダー
とびきりの夢と出会いくれた
音楽にありがとう

駅のホーム 河原の道
離れてても 同じ空見上げて
ユニゾンで歌おう!

でもね、会えたよ! すてきな天使に
卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから
大好きって言うなら
大大好きって返すよ
忘れ物もうないよね
ずっと 永遠に一緒だよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net