amazarashi 夏を待っていました 歌詞

amazarashiの「夏を待っていました」歌詞ページ。
「夏を待っていました」は、作詞:秋田ひろむ、作曲:秋田ひろむ。

夏を待っていました 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 廃線になった線路を 僕等はどこまでも歩いた
乗り気で水筒なんかを ぶら下げてきた雅敏は おじちゃんに買ってもらったマウンテンバイクを自慢した

「けどな 俺はおじちゃんが嫌いなんだ 母ちゃんをいつも泣かせてばかりいるから」
僕は何だか気まずくなって 目をそらしたんだ 雅敏の顔に大きな青痣があったから

降りだした夕立に走りだす つぶれた無人駅で雨宿り 明日は何して明後日は何して
くだらない話で笑い転げる 嵐の予感に胸が高鳴る あの時僕ら皆は確かに
夏を待っていました

ここに居たくないってのと どこかに行きたいってのは 同じ意味なのかな なんにしろ歩こうか
体育と部活が何より苦手な靖人は とうとう膝を抱えてこう呟いた
「僕はいつも皆に置いてきぼりで 本当にダメなやつでごめんな」
僕らはなんだか笑ってしまった つられて靖人も涙目で笑った

背の高い夏草でかくれんぼ 鬼は迫り来る時間の流れ もういいかいまだだよって叫んだよ
僕は今も見つからないままで あの時と同じ膝をかかえて 部屋から青い空を見上げて
夏を待っていました

身長が高くて喧嘩が強い 太平はいつも無茶な遊びを思いつく
「この鉄橋に一番 長くぶら下がったやつの 言うことは何でも聞かなきゃダメだぜ」
僕らはびびって出来なかったけど 太平は平気な顔でぶら下がる
7年後に太平はビルから飛び降りた そんな勇気なら無いほうが良かった

高層ビルの下でかくれんぼ あれから何年がたっただろう もういいかいまだだよって声もない
もしも今日があの日の続きなら 僕らの冒険を続けなくちゃ 六月の空を僕は見上げて
夏を待っていました

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

Family Song

星野源

目が覚めて涎を拭いたら窓辺に光が微笑んでた空の...

DECIDED(初回生産限定盤)(DVD付)

DECIDED

UVERworld

さぁ お前ら心の導きへ 始めよ今日がその X-day...

嗚呼、夢神輿

祭nine.

はっ! やー!よ~はっ!デンツクデンツクえ...

逃げ水

逃げ水

乃木坂46

日差しに切り取られた市営球場から聴こえて来るひ...

TYCOON(初回生産限定盤)

SHOUT LOVE

UVERworld

好きだと 好きだと 言う代わりに時間ごと君を写真の...

SunSunSunrise/ゆるとぴあ

SunSunSunrise

9nine

Uh-ah-1(いち)・2(に)・サンライズ ...

僕たちがやりました(初回生産限定盤C)

僕たちがやりました

DISH//

そうです、僕たちがやりました 君たちをめちゃくちゃにし...

記念撮影

BUMP OF CHICKEN

目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時...

10% roll, 10% romance (通常盤)

10% roll,10% romance

UNISON SQUARE GARDEN

yes, 1secでコンタクト 2sec そして ch...

現実から逃げるから現実がツラいんだ(VR付)(スマプラ対応)

現実から逃げるから現実がツラいんだ

X21

現実から逃げるから 現実がツラいんだわかってるね ...

絆Hero(通常盤)

絆Hero

Pile

翼広げ トビラ開け Your Dreamer上を目...

つなぐ(通常盤)

つなぐ

誰だって そう 探してるEveryday彷徨い歩い...

英雄 運命の詩(初回生産限定盤)(DVD付)

英雄 運命の詩

EGOIST

それは愚かなる名だが時は求む不屈の英雄その...

打上花火

DAOKO×米津玄師

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ砂の上に刻んだ...

かなしいうれしい

フレデリック

真っ赤な線を描いた ちっぽけな心の話僕らの未来はど...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net