SKE48(team S) 火曜日の夜、水曜日の朝 歌詞

SKE48(team S)の「火曜日の夜、水曜日の朝」歌詞ページ。
「火曜日の夜、水曜日の朝」は、作詞:秋元康、作曲:小網準。

火曜日の夜、水曜日の朝 歌詞

歌:SKE48(team S)

作詞:秋元康

作曲:小網準

家路を急ぐ人の群れから逸れるみたいに
駅の階段で私はしゃがんだ
落葉色した髪とメイクを何度も直して
携帯いじって時間を潰した

声を掛けてくれたら 誰もついて行くのに…
お金はいらない
嘘でもいいから
抱きしめられたい

泣いてすむなら 私
朝が来るまで泣くよ
蛇口が壊れたように…
泣いてすむなら すぐに
家に帰って泣くよ
心に鍵掛けたまま…
火曜日の夜

通り過ぎてく世間の風と冷たい視線に
逆らう気もなく取り残されてた
派手なネイルもへそのピアスもアゲハのタトゥーも
みんなと一緒に仲間のふりした

愛の意味も知らずに 両手を差し出していた
何かが足りない
傷つくくらいに
生き続けたいの

楽になるなら 私
何をされてもいいよ
体がなくなっても…
楽になるなら ここで
死んでみたっていいよ
孤独を助けて欲しい
火曜日の夜

泣いてすむなら 私
朝が来るまで泣くよ
蛇口が壊れたように…
泣いてすむなら すぐに
家に帰って泣くよ
心に鍵掛けたまま…
火曜日の夜

水曜日の朝

文字:
   
位置:
 



SKE48(team S)の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

火曜日の夜、水曜日の朝の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net