塩まさる 九段の母 歌詞

塩まさるの「九段の母」歌詞ページ。
「九段の母」は、作詞:石松秋二、作曲:能代八郎。

九段の母

歌:塩まさる 作詞:石松秋二 作曲:能代八郎

上野駅から 九段まで
勝手知らない 焦れったさ
杖を頼りに 一日がかり
倅来たぞや 逢いに来た

空を衝くよな 大鳥居
こんな立派な 御社に
神と祀られ 勿体なさよ
母は泣けます 嬉しさに

両掌合せて 跪き
拝むはずみの 御念仏
ハッと気付いて うろたえました
倅許せよ 田舎者

鳶が鷹の子 生んだ様で
今じゃ果報が 身に余る
金鵄勲章が 見せたいばかり
逢いに来たぞや 九段坂

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net