ハジ→ 茜色のちいさな手紙。 歌詞

ハジ→の「茜色のちいさな手紙。」歌詞ページ。
「茜色のちいさな手紙。」は、作詞:ハジ→、作曲:ハジ→。

茜色のちいさな手紙。

歌:ハジ→ 作詞:ハジ→ 作曲:ハジ→

おはよう おやすみ こんにちは ありがとうを
あと何回 僕は キミに言えるかな?

道はどこまでも続いているようで
いつか終わるんです

嗚呼 時は無情かな

今日があることの喜び
明日が来ることは奇跡
それなのに僕らは
昨日にばかり目をやり
過去を生きているかのよう

溢れる人波に押し潰され
息苦しいほぼ溺れかけの日々
でも本当は 今を気持ち良く泳ぎたい
あのイルカのように

茜色の朝焼け
迎えて また この場所に立つ

キミが今
どこでなにをしていてもこの願いよ
届け 大空超えて キミのとこまで

誰かが笑えば
誰かが泣いている
この世界のどこかで
僕はこの小さな歌を手紙に綴るよ

ただいま おかえり ごめんね おつかれさま を
あと何回 僕はキミに言えるかな?
そうだ 道はどこまでも続いてゆくという教えもあるんです
ああ本当はどっちかな?

僕の現世があるなら
ひょっとしてまた来世もあるかな?
ところで僕の前世なんだったのかな?
いずれにせよ キミと一緒だったろうな

茜色の夕焼け 迎えても
またその先で 会おう

キミが今
どこでなにをしていてもこの願いよ
届け 大空超えて キミのとこまで

誰かが笑えば
誰かが泣いている
この世界のどこかで
僕はこの小さな歌を手紙に綴るよ

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす

驕れる人も久しからず
ただ春の世の夢の如し
猛き者も遂には滅びぬ
ひとえに風の前の塵に同じ

産声を上げる今日も
離れて去りゆく昨日も
僕らの足跡残せるのなら幸だろう

誰かが笑えば
誰かが泣いている
この世界のどこかで
僕はこの小さな歌を手紙に綴るよ


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2014 J-Lyric.net