ももいろクローバーZ サボテンとリボン 歌詞

ももいろクローバーZの「サボテンとリボン」歌詞ページ。
「サボテンとリボン」は、作詞:只野菜摘、作曲:神前暁。

サボテンとリボン 歌詞

歌:ももいろクローバーZ

作詞:只野菜摘

作曲:神前暁

最初の恋 最初のキス 最初のデートをきみと
最後の恋 最後のキス 最後の笑顔もきみに
恋愛映画の 始まり

今日 でかけたホコ天に 天気 元気 充填に
ずっとこの恋 枯らさないで
おみやげ サボテンをプレゼント
キラリ太陽のベランダで ころんだきみは手をすべらせて
グラリ スルリ ガシャリ 植木鉢を割っちゃった‥って わお!

(それから二人はどうなった?)

なんてこった あつめてった テラコッタのかけら
はってなおそう いいね!許そう もってきて瞬間接着剤
リボンで上からクルクルっと ほらね 可愛くなるよもっと
ヒビ割れたならハートだって つつんで守っていてあげるって

きみの指に チクリとするキズ
絆創膏 蝶結びのようにキスを

サボテンとリボン
踊る風に吹かれてる
そばにいればそれだけで
陽だまり まぶしくなる
ほぁんほぁんポワンふくらむ
シエスタにうかぶ夢が
トゲの上に落ちてったら
はじけて消えちゃうかな

鼓動は あまえたりもしてみたい衝動
でも強がって 読んで 待って そんで遠慮もしちゃうんだ
どっかブキヨウな女の子 大人になれない女の子
そう らしくないな 大好きで 不安までも知ってしまったみたい
永遠の恋が続くよう こころを濾過する 浄化する

さみしい時 乾きそうな胸
声を聴けば 水をそそぐようにしみる 癒える

やさしい空気
はにかんでるこころにも
みつめているそれだけで
奇跡のような花が咲く
贈られるなら
花束じゃなくていいの
きみ一輪だけがいい
ねえ サボテンとリボン

指をつないだら
一緒に踊ろう
星が降りてくる
聖なる場所
めざめるサボテン
魔法がとけたら王子の姿に
それから二人の運命の行方は!

サボテンとリボン
踊る風に吹かれてる
そばにいればそれだけで
陽だまり まぶしくなる
ほぁんほぁんポワンふくらむ
シエスタにうかぶ夢が
トゲの上に落ちてったら
はじけて消えちゃうかな
ねえ サボテンとリボン

最初の恋 最初のキス 最初のデートをきみと
恋愛映画の 始まり

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

Best My Friend(初回限定“永田薫”盤)

Best My Friend

MAG!C☆PRINCE

慣れてきた 駅から歩く道話す人も 増えてたでも...

どうして恋してこんな

宇野実彩子

きっと時に揺れてセピアに変わる愛しい記憶もう思...

プロポーズ/情熱カルメン(タイプA)

プロポーズ

純烈

愛がこわいと君は ひとり涙に濡れて淋しい僕の胸に ...

瞬き(通常盤)

瞬き

back number

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなもの...

ワルキューレは裏切らない

ワルキューレ

いつかこの声が果てるその日まで 歌うよ重ねた視...

桜並木(Blu-ray付)

桜並木

ふわふわ

校庭に踊る桜の雨四角に切り取られた綺麗な空寂し...

yours

PrizmaX

愛してるだけじゃキミはたりないI feel y...

ハロー カゲロウ(通常盤)

ハロー カゲロウ

GReeeeN

あの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき...

Everybody!!

シグナル

WANIMA

不確かなまま はじまる今日は変わらない いつも通り...

WiSH VOYAGE (特典なし)

WiSH VOYAGE

IDOLiSH7

今、遠いソラ眺めて…いつかあの向こう側虹を架け...

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

小沢健二

幾千万も灯る都市の明かりが生み出す闇に隠れた汚...

ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!

ハロー、ハッピーワールド!

お月さま連れてトゥナイト☆あらわれし姿(ニヒル...

aventure bleu

内田真礼

どきんと胸が音を立てるのが いま きこえたよたぶん...

Love me, Love you(通常盤)

Love me, Love you

Mrs. GREEN APPLE

あっちにもLOVEでこっちにもLOVEで世界は...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net