日食なつこ 天井のない部屋 歌詞

日食なつこの「天井のない部屋」歌詞ページ。
「天井のない部屋」は、作詞:日食なつこ、作曲:日食なつこ。

天井のない部屋

歌:日食なつこ

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

危ないと言われたから聞き入れた それまで
安全と言われたから着いて行った それまで
誘われた部屋の戸の鍵が閉まった

いつの間にやらつけた 鎖の先 鉄の玉
守ってやるって言ったけど
なんかこれは ちょっと違くないか まんまと騙され捕まった

時計の針が1つ鳴る 合わせたる星が1つ光る
天井は抜け落ちてがらんどう
広がった満天 飛んだ声

明かりもない壊れかけた部屋で 抜け出す方法よりもあたしは
その星々をどうやったら つかまえられるか考えた

あまりにも大それた空想家 手枷足枷つけた哲学者
近い未来あたしは空へ飛ぶ 誰にも見えはしない

開かずの扉の前で 腕組みして待ち受ける
お前らよ いつまで経っても あたしは戸を叩かないよ

「どうか許してもうしません 言いつけもけして破りません
夢を追うなんて愚かな真似は もうしないからここから出して」

なんて掲げる白旗 そいつがお前らの予測か
それじゃ勝ち目は万のうち 1つもないから諦めな

守るにしては固すぎた 閉じ込めるにしては甘すぎた
天井が抜け落ちてがらんどう
埋め尽くした満天 飛んだ声

先に扉を開けたのは 痺れ切らしたあんたがた
さあ探せよあたしを 頭の上から見てるから

明かりもない壊れかけた部屋で 抜け出す方法よりもあたしは
その星々をどうやったら つかまえられるか考えた

あまりにも大それた空想家 手枷足枷つけた哲学者
体を捨てて見事空へ飛ぶ あたしの勝ちなのです

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net