日食なつこ 竜巻のおどる日 歌詞

日食なつこの「竜巻のおどる日」歌詞ページ。
「竜巻のおどる日」は、作詞:日食なつこ、作曲:日食なつこ。

竜巻のおどる日

歌:日食なつこ 作詞:日食なつこ 作曲:日食なつこ

冬の嵐 揺れる街
突き飛ばすような強い風
どんな声も飾りも
今日はただの木枯らし

冬の嵐 揺れるビル
竜巻の注意報
鉛色の乱気流
なすすべなく煽られて

飛ばされてきてしまえばいいのに
愛しいものがいますぐにでも
せせこましい世界を越えて
目の覚めるような速度で

行き過ぎたり減らしたり
匙加減の難しい
僕らの愛だって日々乱気流
いっそあふれかえしてしまえばいい

飛ばされていってしまえたらいいのに
愛しいものに触れる距離まで
囁くようには愛しあえない
突風の中で怒鳴り合う

夜明けはまだ遠く、遥か456km
Tubulances, please blow off boredoms on days somewhere
さみしい距離とび越えて

飛ばされていってしまえたらいいのに
愛しい愛しい人のとこまで
叫ぶ 踊る 風の向こうに
君のいる街を見透かす

飛ばされてきてしまえばいいのに
愛しいものが今すぐにでも
って虚言さえ飛ばされてゆく
目の眩むような高さまで
目の覚めるような速度で

竜巻のおどる日


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2014 J-Lyric.net