川上大輔 女神のリズム 歌詞

川上大輔の「女神のリズム」歌詞ページ。
「女神のリズム」は、作詞:ats-・BOUNCEBACK、作曲:ats-。

女神のリズム 歌詞

歌:川上大輔

作詞:ats-・BOUNCEBACK

作曲:ats-

Te amo Eres mi vida Ole
(テ・アモ・エレス・ミ・ビーダ・オレ)
魂燃やす…
踊れ手を叩け 奇跡呼ぶ一夜を

モラドなドレスに包まれたあなたは
誘惑のリズムに身をまかせては 目をそらす
きわどい腰つき 琥珀色の素肌
火がつく欲望が 止まらない

煽るように刻むギターの音 高鳴ってく
むせ返るような命の呼吸感じて
運命のように強くただ激しく
絡め合う吐息で 燃え上がるよ

Te amo Eres mi vida Ole (テ・アモ・エレス・ミ・ビーダ・オレ)
あなたが欲しい
もっと熱く熱く溶けるような愛
濡れた瞳で焦(じ)らす
抱かれ 乱れ 踊れ 裸の女神
その唇から 愛がこぼれるまで

ほどいたその髪 揺れる恋のワナか
その胸の中なら 堕ちてもいい

愛を試すように踊り続け 天を仰ぐ
迷いなどもういらない すべてを脱ぎ捨て
バラの花の蜜まとう甘いキスで
悪戯に微笑む 帰さないよ

Te amo Eres mi vida Ole
(テ・アモ・エレス・ミ・ビーダ・オレ)
あなたに届け
もっと揺れて揺れて熱いリズムで
赤く燃え尽きるまで
抱かれ 乱れ 踊れ 裸の女神
果てなく突き刺す 情熱に漂え

手をたたけ 命のリズム
歌おう 愛の歌を
手をたたけ 焼きつくリズム
踊れ 魂呼び起せ
刻み続ける
女神のリズム

Te amo Eres mi vida Ole (テ・アモ・エレス・ミ・ビーダ・オレ)
あなたが欲しい
もっと熱く熱く溶けるような愛
濡れた瞳で焦(じ)らす
抱かれ 乱れ 踊れ 裸の女神
その唇から 愛がこぼれるまで

手をたたけ 命のリズム
歌おう 愛の歌を
手をたたけ 焼きつくリズム
踊れ 魂呼び起せ
刻み続ける
女神のリズム

文字:
   
位置:
 



川上大輔の人気歌詞

人気の新着歌詞

Introduction

女王蜂

神さまが 気まぐれと不公平を唱えても気に入らないか...

HAPPY HAPPY (初回限定盤A)

HAPPY HAPPY

TWICE

Lan la lan lan lan lan la l...

【Amazon.co.jp限定】Summer Trap!!(「Summer Trap!!」オリジナルステッカー付)

夏のどこかへ

WANIMA

迷いを束ねて 夏の幕開け悲しみ脱ぎ捨て 何度も誰よ...

かすかに、君だった。

M!LK

ただ吸って吐き出した 空気の行方は誰にも 分からな...

Brand New Story(CD)

Brand New Story

GENERATIONS from EXILE TRIBE

君が眺めている水面は鮮やかに煌めき少しずつ色を変え...

SUCCESS STORY

EMPiRE

止まらない 止まってられない次々苦しむ交戦 YOU...

Metropolis~メトロポリス~

Metropolis~メトロポリス~

フェアリーズ

Metropolis東京ナイト誘惑のネオンサイ...

Ambitious

覚醒

Superfly

現る黒い空鼓動は雷鳴を繰り返す嵐がくる前に...

片隅 / Corner(CD+DVD)

片隅

三浦大知

いつも同じ場所で 同じ愛をそっと ただ 渡してくれ...

834.194 (通常盤[2CD]) (特典 ~VISUAL&TALK SESSION応募抽選ハガキ~付)

モス

サカナクション

君のこと(ソウゾウデキズニ)知らなくていい...

My dear summer

TFG

Summer time here we come 待ち...

METANOIA

水樹奈々

Live…! Live your life, now!...

イコール / Traveling(通常盤)

イコール

sumika

描いた理想の自分とはかけ離れた現在(いま)とに...

CHANGE(通常盤)(特典なし)

CHANGE

山下智久

所詮人間 猿みたいなもん深く考えすぎて 答え見失う...

5×20 All the BEST!! 1999-2019 (通常盤) (4CD)

5×20

La la la la...またここで君と逢えた。...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net