ケラケラ 君となら 歌詞

ケラケラの「君となら」歌詞ページ。
「君となら」は、作詞:ふるっぺ/森さん、作曲:ふるっぺ。

君となら 歌詞

歌:ケラケラ

作詞:ふるっぺ/森さん

作曲:ふるっぺ

探し続けた君のその手が
不思議なもんだね こんな側にあるよ
あの日からどれくらい 想い続けてたでしょうか

パパとママに紹介して 緊張しちゃった君のこと
からかったね でも本当は嬉しくて
ナミダが出そうだった

曲がりくねるこの道も君となら どこまでも歩いて行ける気がするんだよ
離れそうな歩幅も気がついたら縮めて かけがえのない二人になりました
君と描く数々の未来には 思い出を超えることが待ってるんだよ
離れそうなときにはギュッと抱きしめ合おう
君とずっと この世界で歩いてたい

君に出会って気づけたんだよ
二人で食べるご飯がおいしいこと
この当たり前の日々 どれだけ幸せでしょうか

今思うと笑えるくらい くだらないことで言い合って
ケンカしたね その度君の優しさに
ナミダが出そうだった

果てしなく続く道も君となら どこまでも歩いて行ける気がするんだよ
どんなに辛いときもいつでも隣にいて 支えになると永久に誓いました
君と描く数々の物語 一つずつ共に叶えてゆこうね
星が見えない夜も 虹がかかった朝も
君とずっと この世界で歩いてたい

この場所は二人だけの場所 思うままに愛を育みましょう
奇跡で結ばれた日々が 今日から始まる

曲がりくねるこの道も君となら どこまでも歩いて行ける気がするんだよ
離れそうな歩幅も気がついたら縮めて かけがえのない二人になりました
君と描く数々の未来には 思い出を超えることが待ってるんだよ
二人なら大丈夫 きっと乗り越えられる
君とずっと この世界で歩いてたい

文字:
   
位置:
 



ケラケラの人気歌詞

同名の曲が14曲収録されています。

君となら(三代目J Soul Brothers)

君となら(TUBE)

君となら(TAK-Z & JUMBO MAATCH)

君となら(當山みれい)

君となら(BENI)

君となら(今井翼)

君となら(松たか子)

君となら(サザーランド)

君となら(タッキー&翼)

君となら(スネオヘアー)

「君となら」で検索する

人気の新着歌詞

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

BRAVE (通常盤)

BRAVE

We're gonna rock the world ...

天気の子

大丈夫 (Movie edit)

RADWIMPS

世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見え...

天気の子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

RADWIMPS

聴きたい曲も見つからない 憂鬱な一日の始まりが君の...

青春トレイン(Someday Somewhere盤)

青春トレイン

ラストアイドル

トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン ...

ファンファーレ! (通常盤) (特典なし)

ファンファーレ!

Hey! Say! JUMP

The beginning of Summer...

RPM -Japanese ver.-

SF9

Yeah 瞬きさえすり抜けて Heart boom b...

Chao Chao(CD)

Chao Chao

Happiness

マジで大分タイプ見る度あたしハイプmy hea...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

飛行艇

King Gnu

どんな夢を見に行こうか正しさばかりに恐れ戦かないで...

THIS IS LOVE

キム・ヒョンジュン

空の青さが違って見えるのはuh tell me w...

SHINING STAR

#HASHTAG

BREAK MY HEART 届かない想いと誰より...

バッドパラドックス (通常盤) (オリジナルステッカー付)

バッドパラドックス

BLUE ENCOUNT

あの日気付けなかったSOS 未だに追いかけてる白と...

キヅアト

センチミリメンタル

君が置いてったものばっかが僕のすべてになったの...

幻影列車(通常盤)

幻影列車

SIX LOUNGE

Good bye. そんなのちょっと照れくさいよな...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net