KANA-BOON 目と目と目と目 歌詞

KANA-BOONの「目と目と目と目」歌詞ページ。
「目と目と目と目」は、作詞:谷口鮪、作曲:谷口鮪。

目と目と目と目 歌詞

歌:KANA-BOON

作詞:谷口鮪

作曲:谷口鮪

目を開いて3秒経てば
生活のリズムに飲まれて
目を開いて4秒経てば
生活がリズムになってる
目を開いて5秒経てば
憂鬱が歪んで泣いてる
戸を開いてドと鳴らせば
僕の周りには目、目、目

目を開いてロックをしたなら
計画スタートの合図
目を伏せるななんともないさ
罵詈雑言、鼓膜で鳴っても
目が渇けばハッチを開けて脱出し
涙を流せ
目を見合って窮屈な世界から
逃げ出してやるのさ

背を比べて優越感に浸って
大人になってる
目、たくさんの目、暗闇で
ニャアニャアニャアニャア猫みたいだ

痛みに耐えて苦しみに耐えて
いつでも誰かが僕を見てる
いつでも僕は君を見ている
目と目と目と目で君と繋ぎたい
サーキュレーション、さぁくれよ
目と目と目と目で君にあげるから
サーキュレーション

目を閉じれば
イライラなんてうやむやになって
それで済むならこんなの必要ないし
生活のリズムが歪んでゆがんで
何か言ったその瞬間、循環

関係ないよと言ってしまえば
本当に関係なくなっちゃうから
そうなる前に目を見開いて
開いてもっと、開いてもっと
さぁ、僕らの間は一体
何と何で繋がるのか
1.2.3.4 目を開いて

いつでも誰かが僕を見てる
いつでも僕は君を見ている
いつでも誰かが僕を見てる
いつでも僕は君を見ている
目と目と目と目で君と繋いだら
サーキュレーション、さぁくれよ
目と目と目と目で君にあげるから
サーキュレーション

目を開いて3秒経てば
生活のリズムに飲まれて
目を開いて4秒経てば
生活がリズムになってる
目を開いて5秒経てば
憂鬱が歪んで泣いてる
戸を開いてドと鳴らせば
僕の周りには目、目、目

文字:
   
位置:
 



KANA-BOONの人気歌詞

人気の新着歌詞

FAKE LOVE/Airplane pt.2(初回限定盤A)(DVD付)

FAKE LOVE -Japanese ver.-

BTS (防弾少年団)

君の為なら悲しくても笑顔でいれた君の為なら痛みさえ...

Catch up, latency (通常盤)

Catch up, latency

UNISON SQUARE GARDEN

朝に灯った温度が 夜更け頃には逆戻りしてまた逃げ出...

Office Love(EMO盤)

Office Love

SOLIDEMO

OFFICE LOVE…なんて 最低な日だろう...

リビングデッド(特典なし)

リビングデッド

amazarashi

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世にはびこって...

催眠術(完全生産限定盤)(DVD付)

催眠術

女王蜂

狂っている?わかっている狂っている?わかっ...

ADAMAS

LiSA

大義名分に痺れ切らした苦渋の闇 怒号の渦の中始...

BAAM<初回限定盤A>

BAAM -Japanese ver.-

MOMOLAND

Bae Bae Bae BAAM BAAMBae ...

Love with You(初回限定盤CD+DVD)TVアニメ(寄宿学校のジュリエット)オープニングテーマ

Love with You

fripSide

輝いている 君の横顔 見ていた 秘めた想いが風を感...

Hwi hwi -Japanese Ver.-

LABOUM

ドキドキしちゃうわ こんなに近くで何気なく見せる横...

はじまりの音

富士葵

水面(みなも)に落とした石が波紋となって向こう岸 ...

ミスター・ダーリン / ギミギミコール(チコハニ×しょこたん盤)

ミスター・ダーリン

CHiCO with HoneyWorks

誰と会ってた?って浮気した?って子供じゃないんだし...

SSSS.GRIDMANオープニング主題歌「UNION」

UNION

OxT

目を醒ませ僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ...

君にエール!!!! ~同じ空の下で~

elfin'

届けたい 届けたい 君に 勇気のメロディー同じ空の...

君のせい(通常盤)

君のせい

the peggies

君のせい 君のせい 君のせいで私臆病でかっこつかな...

まっしろ

ビッケブランカ

誰にも見つからない街の灯も灯らない交差するクレ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net