小枝理子&小笠原秋 ちっぽけな愛のうた 歌詞

小枝理子&小笠原秋の「ちっぽけな愛のうた」歌詞ページ。
「ちっぽけな愛のうた」は、作詞:亀田誠治、作曲:亀田誠治。

ちっぽけな愛のうた

歌:小枝理子&小笠原秋 作詞:亀田誠治 作曲:亀田誠治

いきなり歌い出したり
いきなりキスをしたり
キミにはたくさん
「ごめんね」って言わなくちゃね

失くしちゃうのが怖くて
嘘ばっかついてしまうボクだけど
でもねキミの前では
本当の自分でいたかったんだ

ボクの存在が
キミの光に影を落としてしまうとしても
キミの存在は
誰かを照らし続けていてほしいんだ
ボクがいてもボクがいなくても
キミはここで輝いて

もっと一緒に笑ったり
もっと泣いたりすれば良かったね
素直な想いにいまさら気づいているんだ

いつもキミを思っているよ
そこかしこに探しているよ
キミのその声が聴きたいな
今すぐここで

キミの笑顔が
ボクを暗闇から連れ出してくれたんだ
でもボクの横顔は
キミの笑顔曇らせてしまうんだ
キミがいてもキミがいなくても
ボクはここにいられない

手のひらに掴んだ夢を
今は追い続けていこう
一人でもきっと越えてゆける
たとえ今は現実に
縛られて息苦しくても
夜明けはたしかにやってくる

ボクのこの歌が
キミの背中をそっと押してくれるといいな
伝えたいこと
何一つ伝えられないボクだから

キミの笑顔が
ボクを暗闇から連れ出してくれたんだ
いつかボクの笑顔が
キミの笑顔とシンクロするといいな
キミとボクが出会えたこの奇跡
心から感謝しているよ

いつかこの歌キミに届くかな
ちっぽけな愛のうた


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net