ぼくのりりっくのぼうよみ Newspeak 歌詞

ぼくのりりっくのぼうよみの「Newspeak」歌詞ページ。
「Newspeak」は、作詞:ぼくのりりっくのぼうよみ、作曲:にお/ぼくのりりっくのぼうよみ。

Newspeak 歌詞

歌:ぼくのりりっくのぼうよみ

作詞:ぼくのりりっくのぼうよみ

作曲:にお/ぼくのりりっくのぼうよみ

空になって沈んだままのmy world
朝が何度来ようが変わらない
同じ場所をぐるぐる廻るevery day

ここに朝は来ない 枯れていく脳内
ぼくら言葉越しにでしか解れない
ちっぽけな窓ひとつずつ塞いでいく
シンプルになった世界で羽ばたいてく

単調な日々 無意識でkick it
半自動routineに任せた意志
淡い劣等感もとうに褪せ
甘いゲットーが顔を出す
言葉で彩れば明かり灯る
どんな景色でさえ永久に残る
音は濁るけど言葉は褪せない
終に変わらない光景を臨む

So many words
乾いた言葉を並べて意味を求めて彷徨い歩く
So many words
何もないよ とうの昔に 枯れ果てたcitation

よりシンプルになった世界
曖昧さの排除は相対して害為す
マイナスにも快楽にも成り得るbogus affair
傍観するaudienceが織りなす
犠牲にしたdiversity
ひとつが全部の代替に
simplificationは先天性inovation
sentenceがescalation
ぶっ壊れたrelationships

オーウェルみたいな世界になってくよ
We all are to blame
We gonna be a mere flame

乾いた空に

溢れる哲学的ゾンビ
有機的鉄格子に送還 people
Bring it again & it's time to become real
クオリアを取り戻せ

So many words
乾いた言葉を並べて意味を求めて彷徨い歩く
So many words 空っぽになって
何もないよ とうの昔に 枯れ果てたcitation

So many words
息絶えた言葉に縋って自分を探して彷徨い歩く
So many words

文字:
   
位置:
 



ぼくのりりっくのぼうよみの人気歌詞

人気の新着歌詞

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

BRAVE (通常盤)

BRAVE

We're gonna rock the world ...

天気の子

大丈夫 (Movie edit)

RADWIMPS

世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見え...

天気の子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

RADWIMPS

聴きたい曲も見つからない 憂鬱な一日の始まりが君の...

青春トレイン(Someday Somewhere盤)

青春トレイン

ラストアイドル

トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン ...

ファンファーレ! (通常盤) (特典なし)

ファンファーレ!

Hey! Say! JUMP

The beginning of Summer...

RPM -Japanese ver.-

SF9

Yeah 瞬きさえすり抜けて Heart boom b...

Chao Chao(CD)

Chao Chao

Happiness

マジで大分タイプ見る度あたしハイプmy hea...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

飛行艇

King Gnu

どんな夢を見に行こうか正しさばかりに恐れ戦かないで...

THIS IS LOVE

キム・ヒョンジュン

空の青さが違って見えるのはuh tell me w...

SHINING STAR

#HASHTAG

BREAK MY HEART 届かない想いと誰より...

バッドパラドックス (通常盤) (オリジナルステッカー付)

バッドパラドックス

BLUE ENCOUNT

あの日気付けなかったSOS 未だに追いかけてる白と...

キヅアト

センチミリメンタル

君が置いてったものばっかが僕のすべてになったの...

幻影列車(通常盤)

幻影列車

SIX LOUNGE

Good bye. そんなのちょっと照れくさいよな...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net