欅坂46 結局、じゃあねしか言えない 歌詞

欅坂46の「結局、じゃあねしか言えない」歌詞ページ。
「結局、じゃあねしか言えない」は、作詞:秋元康、作曲:姫野博行。

結局、じゃあねしか言えない 歌詞

歌:欅坂46

作詞:秋元康

作曲:姫野博行

夕暮れは思ったよりも
空を急に暗くしてしまった
僕たちはもう少し
このまま話したかったのに
君の顔がぼんやりと霞む

家の灯り 点(つ)き始めて
余計に急(せ)かされてる気になった
十字路の別れ際 どうでもいい話して
君を引き止めた

好きと言えば 何か変わるのかな
ずっとあれから迷っている
これを恋と僕が決めつけたら
こんな風に君と帰れない

じゃあねなんて
いつも同じ
言葉で締めて
背中を向け 歩き出そうか?
でもすぐにいつも立ち止まって (振り向く)
君の自転車 見送りふと考える
明日 普通に会いたいんだ
帰り道 ここで話せるなら
このままが一番いい
星が出た

目立たないクラスメイトが
ある日なぜか特別に思えて…
放課後の教室で
だらだら時間調整して
ばったり会うタイミング図った

坂の途中 並びながら
偶然 一緒になったふりをした
十字路で 右左(みぎひだり) 二手に分かれるのは
恋の選択肢

好きと言って ちょっと気まずくなる
そんなリスクは避けたいから
変な気持ち何も持ってないと
僕の両手 君に見せようか?

じゃあねなんて
ふいに言って
歩き出したら
興味なさそうに振舞おう
こんなこと何度繰り返せば (伝わる?)
僕はペダルをゆっくり今 漕ぎ出して
今日のしあわせ噛み締めてた
一緒に君と帰れるなら
これ以上近づかない

金木犀の木々で
見えなくなるんだ
君のその自転車は
片想いの道へ

いつのまにか星空が
広がっていた
全力で立ち漕ぎすれば
切なさは消えてくれるかな

じゃあねなんて
いつも同じ
言葉で締めて
背中を向け 歩き出そうか?
でもすぐにいつも立ち止まって (振り向く)
君の自転車 見送りふと考える
明日 普通に会いたいんだ
帰り道 ここで話せるなら
このままが一番いい
星が出た

文字:
   
位置:
 



欅坂46の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

結局、じゃあねしか言えない(五人囃子(欅坂46))

結局、じゃあねしか言えないの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

here comes my love

Mr.Children

破り捨てようかないやはじめから なかったものって思...

プリンシパルの君へ

ジャニーズWEST

最高最大の物語真っ白な世界ここから始まる何を描こう...

WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE (通常盤)

WHOLE LOTTA LOVE

BiS

日進月歩実験じゃなくて人生です四苦八苦毎日...

春が来てぼくら (通常盤)

春が来てぼくら

UNISON SQUARE GARDEN

咲き始めたたんぽぽと 雪になりきれずに伝った雫なん...

春夏秋冬☆Blooming!

A3ders!

君とまた春夏秋冬 ページをめくったら(MANKAI...

はちみつロケット ~黄金の七人~

はちみつロケット

天真爛漫ロケット 黄金センセーション7七転び八起き...

Dear My Boo

當山みれい

絶対続かない またすぐにバイバイそう思ってたのに ...

ロゼッタ・ストーン(コラボ盤)

ロゼッタ・ストーン

イケてるハーツ

シェキ!シェキ!ベイベー!生命科学の異変?シェキ!...

不思議な旅はつづくのさ

不思議な旅はつづくのさ

つりビット

地球儀を回せば (ぐるるるるる)ひとり遠くの空...

かわいそうだよね(with HITSUJI)

JUJU

「あの子ってかわいそうだよね」 いつも陰で笑っていた...

君の瞳に恋してない

UNISON SQUARE GARDEN

コンフューズド、困った! ちぐはぐなんでなんだっけ...

ハッピーエンドマジック

MAGiC BOYZ

グッバイ さよならの あとは超ハッピーエンド 書く...

Bright Burning Shout

西川貴教

「役者はいなくなった, once more?」懲り...

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

Find The Answer(通常盤)

Find The Answer

風がこの心を 吹き抜けても揺るがないそんな強さを ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net