Leola The way 歌詞

Leolaの「The way」歌詞ページ。
「The way」は、作詞:Leola・sent tent、作曲:sent tent。

The way 歌詞

歌:Leola

作詞:Leola・sent tent

作曲:sent tent

“I walk my way”
あの言葉が 消えちゃいそうな君の背中
見つめていたんだ
I know you tried
泥だらけの磨り減った靴 戦いの証
I'm proud of you

誰も皆 自分の意味 教えてほしい
それじゃ、ダメで 自分の手でちゃんと
見つけるしかない

You can walk your way
Believe in your own way
祈るように歌う私が
I'll be by your side
どんなときも君の味方でいるよ

Don't give it up
どんな日も 光さえなく怖くても
その希望 曇り空の隙間 溢れている

“I walk my way”
この言葉と 前を向いて歩く姿
見ててほしいの

「もう無理だ」と泣いた君を
誰も責めない 誰も止めない
それでも明日は来る 誰にだって

I'm walking my way
Long and winding way
祈るように私は歌うの
I'll be on your side
どんなときも君の背中を押すよ

涙止まらないなら 枯れるまで流せばいい
Cry Cry… 雨が降るように 曇り空を抜ければ
晴れた空があること 思い出して

You can walk your way
Believe in your own way
祈るように歌う私が
I'll be by your side
どんなときも君の味方でいるよ

Don't give it up
どんな日も 光さえなく怖くても
その希望 曇り空の隙間 溢れている

文字:
   
位置:
 



Leolaの人気歌詞

同名の曲が6曲収録されています。

The way(中丸雄一(KAT-TUN))

The way(KAT-TUN(中丸雄一))

The Way(THE ALFEE)

The Way(小西真奈美)

The Way(SABANNAMAN)

The way(澤野弘之)

人気の新着歌詞

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

BRAVE (通常盤)

BRAVE

We're gonna rock the world ...

天気の子

大丈夫 (Movie edit)

RADWIMPS

世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見え...

天気の子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

RADWIMPS

聴きたい曲も見つからない 憂鬱な一日の始まりが君の...

青春トレイン(Someday Somewhere盤)

青春トレイン

ラストアイドル

トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン ...

ファンファーレ! (通常盤) (特典なし)

ファンファーレ!

Hey! Say! JUMP

The beginning of Summer...

RPM -Japanese ver.-

SF9

Yeah 瞬きさえすり抜けて Heart boom b...

Chao Chao(CD)

Chao Chao

Happiness

マジで大分タイプ見る度あたしハイプmy hea...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

飛行艇

King Gnu

どんな夢を見に行こうか正しさばかりに恐れ戦かないで...

THIS IS LOVE

キム・ヒョンジュン

空の青さが違って見えるのはuh tell me w...

SHINING STAR

#HASHTAG

BREAK MY HEART 届かない想いと誰より...

バッドパラドックス (通常盤) (オリジナルステッカー付)

バッドパラドックス

BLUE ENCOUNT

あの日気付けなかったSOS 未だに追いかけてる白と...

キヅアト

センチミリメンタル

君が置いてったものばっかが僕のすべてになったの...

幻影列車(通常盤)

幻影列車

SIX LOUNGE

Good bye. そんなのちょっと照れくさいよな...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net