願い feat.YU-A(Foxxi misQ) 歌詞/モバうた

童子-Tが2009年1月21日にリリースした「モバうた」の収録曲、「願い feat.YU-A(Foxxi misQ)」の歌詞ページ。
「願い feat.YU-A(Foxxi misQ)」は、作詞:童子-T、作曲:童子-T・Shingo.S。

願い feat.YU-A(Foxxi misQ)

歌:童子-T

作詞:童子-T

作曲:童子-T・Shingo.S

ふたりの想い出 かき集めたなら また泣けてきちゃう 寂しさ溢れて
最後の恋だと 信じて願った あの日々にウソはなかった

住み慣れた街から希望持って 飛び出した 東京へ 夢追って
落ち葉が音を奏でる季節に はじまりは突然予期せずに
バイト先 そのひたむきさに その笑顔に いつの間に
心のすきまに 何かが届いた その日から 友達でいられなくなった
小さいの少し生意気で 同い年で 涙もろくて
長い髪 澄んだ目がキレイで 眠れない夜は キミのせいで
この気持ち伝えたくて 会いたくて... 会いたくて...
書きかけのメール何度も消した 都会のノズル 声をかき消した

ふたりの想い出 かき集めたなら また泣けてきちゃう 寂しさ溢れて
最後の恋だと 信じて願った あの日々にウソはなかった

缶コーヒー片手 帰り寄った公園 冬の夜空の下 告白した
カッコつけた でも肝心なとこでつまずいた でもキミはうなずいた
そして一粒の涙流した 二人の時間が動き出した
四六時中手のひら重ねた 小さなテーブル手料理並べた
少し大人になった気がした 時のないベッド差し込む日差しが
親には内緒で旅行も行った お互いのダメなとこも知った
誤解して傷つけ合った いつもうまく言葉に出来なかった
本当はキミと同じだけ好きだった いくつもの季節が過ぎ去った

ふたりの想い出 かき集めたなら また泣けてきちゃう 寂しさ溢れて
最後の恋だと 信じて願った あの日々にウソはなかった

子供のままでいられたなら 何も怖がらず歩いていけたかな?
もっと早く大人になっていたなら 二人で乗り越えられたかな?
今もキミの夢 夜空へ 願うよ

今でもキミはあの頃と同じ笑顔で
今でもキミはあの頃のようにまっすぐで
今でもキミはあの頃と変わらない優しさで
今でもキミは… キミのままでいてほしい そう願うよ

ふたりの想い出 かき集めたなら また泣けてきちゃう 寂しさ溢れて
最後の恋だと 信じて願った あの日々にウソはなかった

ふたりの想い出集めたら 泣き出しそうになる今夜も
寂しさ 溢れて 苦しくなる
最後の恋と信じ願った あの日々にウソはなかった
離れても あなたの 幸せ願う

ふたりの想い出集めたら 泣き出しそうになる今夜も
寂しさ 溢れて 苦しくなる
最後の恋と信じ願った あの日々にウソはなかった
離れても あなたの 幸せ願う

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net