祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

祈り ~涙の軌道 / End of the day / piecesの紹介ページ。
2012年4月18日にMr.Childrenがリリースした「祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces」の収録曲情報などを掲載しています。

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

3.11 以降のMr.Childrenの音楽がスタートする。
「物語」を始めることを肯定しているかのような力強いメロディー、言葉、音がここにある。
シンプルに力強く。バンドは再び、この国の音楽シーンに大きな一歩を踏み出した。
Mr.Children NEW 3 SONGS 「祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces」
2012.4.18 Release

待望の3年半ぶりのNEW SINGLE遂に発売決定!
生田斗真・吉高由里子W主演で話題の東宝系映画『僕等がいた』(前篇)(後篇)主題歌の 「祈り ~涙の軌道」「pieces」を含むミスチル最新曲を3曲収録したトリプルA面シングル
★収録曲★
trk01. 祈り ~涙の軌道
trk02. End of the day
trk03. pieces

◆3.11 震災以降「かぞえうた」は生まれたが、“かぞえうた”はまだ「物語」が始まり出す寸前、真近にある“うた”であった。
桜井和寿は“かぞえうた” から約半年もの間、Mr.Childrenが鳴らすべき「歌」を見つけ出せずにいた。
そんな折、ふっと、自身の日本への「郷愁」の中でひとつの日本的なメロディーに出会う。
それを大切に大切に紡いでいきながら「祈り ~涙の軌道」の原曲に辿り着いた。
この曲には、「物語」を始めることを肯定しているかのような力強いメロディー、言葉、音がある。
この楽曲の誕生は桜井に震災以降のMr.Childrenのスタートを強く感じさせた。
そして、次に書 かれた楽曲が「pieces」である。
◆「pieces」はバンドの20年の軌跡を、カジュアルでありながら決してブレを感じない平常心で捉える立ち位置から、
様々なROCKの美意識を構築するアイテムを駆使することで、奥行きのある異空間にまで「音楽」を飛ばすことに成功している。
20周年イヤーの今年、ここにきてまた初期のミスチル、その原点を彷彿させる楽曲が誕生したことは非常に興味深い。
“POPSAURUS 2012”=Mr.Childrenはシンプルで力強いところに行こうと、そして戻ろうとしている。
◆さらに本作には、2012年に入り初レコーディングされたミスチル最新サウンド「End of the day」を収録。
絶好調をキープしているバンドの息使いや情熱と、人生のくすぶり、歪、夢や希望がひとつの躍動感となって、「音楽になっていく瞬間」を閉じ込めた心に沁みるGOOD SONGが完成。
◆本作は、前作「HANABI」より、約3年半ぶりの待望の新作品。
「祈り ~涙の軌道」「pieces」は、それぞれ、生田斗真、吉高由里子W主演で3/17より前篇、4/21より後篇が全国公開される話題の映画、
「僕等がいた」の前篇・後篇主題歌に決定している。ご期待ください!!

〈収録曲〉

  1. 祈り ~涙の軌道
  2. End of the day
  3. pieces

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net