北島三郎 狼 歌詞

北島三郎の「狼」歌詞ページ。
「狼」は、作詞:久仁京介、作曲:原譲二です。

「狼」歌詞

歌:北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

牙のない奴ぁ 男じゃないと
燃やすこころは 狼だった
夢に喰いつき 投げ飛ばされて
今日は負け 明日は勝つと
からだで知った 命のおもさ
傷のいたみが 道標(みちしるべ)

ひとの情けに 救われながら
いらぬお世話と 云う奴がいる
馬鹿を笑って 利口が目立つ
こんな世を さ迷い歩く
狼だけに 降るなみだ雨
濡れりゃぬくもる 灯が欲しい

一つ命を 十にも刻み
はぐれ狼 人生荒野
吠えて削れた 夢抱きながら
歳月を ただ噛みしめる
曲がっちゃいても 真っすぐ生きた
おれの足跡 誰が知る

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net