北島三郎 ひとすじ 歌詞

北島三郎の「ひとすじ」歌詞ページ。
「ひとすじ」は、作詞:久仁京介、作曲:原譲二です。

「ひとすじ」歌詞

歌:北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

花ならば春の 初桜
月なら秋の 十三夜
男意気地を 貫き通し
修羅の巷を 生きてきた
嘆かず媚びず 世の中の
古い男で いいじゃないか

泣ける時ゃひとり 泣くがいい
恨みと夢は 紙一重
おれが信じて 選んだ道を
惚れたあいつも ついてきた
人生半ば この世間
熱い情けが いいじゃないか

晴れ渡る空に 富士の山
高嶺の雲も 勇ましく
放つ光の その影となり
人をささえて 自らも
男のすじを 通しつつ
生きてゆくのも いいじゃないか

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net