北島三郎 ひとすじ 歌詞

北島三郎の「ひとすじ」歌詞ページ。
「ひとすじ」は、作詞:久仁京介、作曲:原譲二です。

「ひとすじ」歌詞

歌:北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

花ならば春の 初桜
月なら秋の 十三夜
男意気地を 貫き通し
修羅の巷を 生きてきた
嘆かず媚びず 世の中の
古い男で いいじゃないか

泣ける時ゃひとり 泣くがいい
恨みと夢は 紙一重
おれが信じて 選んだ道を
惚れたあいつも ついてきた
人生半ば この世間
熱い情けが いいじゃないか

晴れ渡る空に 富士の山
高嶺の雲も 勇ましく
放つ光の その影となり
人をささえて 自らも
男のすじを 通しつつ
生きてゆくのも いいじゃないか

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net