美川憲一 貴婦人 歌詞

美川憲一の「貴婦人」歌詞ページ。
「貴婦人」は、作詞:Barbara、作曲:Barbaraです。

「貴婦人」歌詞

歌:美川憲一

作詞:Barbara

作曲:Barbara

気品のある老婦人が 屋敷を背に 立ち去る前に
くずれかけた過去の光を 立ち止まって見つめている
あれからもう30年の 長い月日が過ぎ去って行った
初めてこの広い屋敷に 迎えられた20才の日から

枯葉の散る 広い庭には 美しかった思い出ばかり
あの頃には、木には緑に 日の光に目映えていた

2階にあるあの寝室は 2人だけの愛の秘め事
甘い夢に胸ふくらませ 2人だけでまどろんでいたの
明日はこの屋敷の中も 競売場になりさがるでしょう
壁にかかる絵も 競り落とされ 古い家具も持ち出される
あまりのことに 老婦人は我を忘れ叫んでいた

「それはみんな 私がいただきましょう」

だけどそれも声にならない
その瞳に宿る涙に 忘れかけた人の面影
過去の糸を手繰りよせて 思い出すのは20才の日々

幸せだったあのころには いつもバラが飾られていた
愛する人の腕の中で 愛の夢を見ていたのに

我にかえり老婦人が 手にしたのは古い札束
幾枚かの この紙きれが 失われた過去の代償
美しさの残るその手に輝いていた宝石はなく
残るものは思い出だけ
それも今日で幕を閉じた


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

貴婦人(せきぐちゆき)

美川憲一の人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net