小林幸子 孔雀 歌詞

小林幸子の「孔雀」歌詞ページ。
「孔雀」は、作詞:荒木 とよひさ、作曲:杉本 眞人です。

「孔雀」歌詞

歌:小林幸子

作詞:荒木 とよひさ

作曲:杉本 眞人

ひとりぼっちで歌ってた
郷里を離れた 小さなアパートで
夕やけ空の窓の向こうに
涙でちぎれた母の顔

あれは桜が咲いていた
アメリカ村の芝生の庭にも
兵隊さんの陽気な JAZZ が
幼なごころに哀しかった

歌うことは泣くことよりも
哀しいことだと知ったけど
みんな昔 昔のはなし
抱きしめたいほど 懐かしい

舞台はわたしの人生だけど
籠でさえずる鶯じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…倖せは…どこ?

ひとりぼっちで泣いていた
母の手紙を何度も読み返し
明日は帰ろう歌などやめて
カバンにつめこむ赤い靴

あれは小雪が降っていた
見知らぬ町のさびれた小劇場で
だるまストーブ抱えた指が
哀れなほどに真っ白だった

生きることは死ぬことよりも
切ないことだと知ったけど
それも昔 昔のはなし
抱きしめたいほど懐かしい

舞台はわたしの人生だけど
空を飛べない孔雀じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…青空は…どこ?

舞台はわたしの人生だけど
籠でさえずる鶯じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…生き方だけど…

ラララ…ラララ…
ラララ…ラララ…

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net