さだまさし 秋の虹 歌詞

さだまさしの「秋の虹」歌詞ページ。
「秋の虹」は、作詞:さだまさし、作曲:さだまさしです。

「秋の虹」歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

まるめろの花の咲く頃に
お前は生まれて来たのです
母さんが嫁いで 2年目の春でした

幼い頃から大人しく
やさしい娘でありました
母さんが嫁いだ 歳を越えたなんて

こうして目を閉じて 思い起こせば
憶えたてのカタコトで 母さん呼んだお前を

嫁がせる朝 こんなことを
母は思い出しています

まるめろの実が実る頃
お前は嫁いでゆくのです
色深めるななかまど すてきな朝です

しあわせは形でなくて
いつも心にあるのだと
言いかけてふと空に 虹を見つけました

そういえば私が 嫁いだ朝にも
母はやはり 庭に出て 花を見ていた

どうかお前が いつまでも
しあわせでありますように


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net