さだまさし 二軍選手 歌詞

さだまさしの「二軍選手」歌詞ページ。
「二軍選手」は、作詞:さだまさし、作曲:さだまさしです。

「二軍選手」歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

スター選手とのトレードで 彼がこの町に来たのは
三年前北風の強く吹く午後だった
合宿所迄の道程を きかれたことから二人の
二流の歌手と投手は友達になった

泥まみれの彼の笑顔が 僕を勇気づけ
僕の歌が 彼の安らぐところとなり
ともすればくじけそうな それぞれの
夢という名の自分を支え合っていた そして

チャンスは 初め僕に来た
オーディションに通ってレコード・デビューが決まった
僕は彼からギターを贈られた
彼は自分の事のように はしゃいだ
まるで自分の事のようにね

翌年の春過ぎに 僕はこの町に帰った
僕の歌は少しも 売れはしなかった
彼はまだ二軍(ファーム)に居て 僕をなぐさめるかわりに
泥にまみれたいつもの 笑顔で迎えた

挫けそうな僕のステージの傍らで
時折遠くをみつめる彼がいた
ともすれば はじけそうな それぞれの
風船みたいな夢を守ろうとするように やがて

チャンスは 次に彼に来た
ナイトゲーム先発で彼の名前が呼ばれた
プレイボールの声を聞き乍ら僕は
まるで自分の事みたいに震えてた
そう自分の事のようにね

彼は今スター選手の「恋人」と呼ばれてる
バッティングピッチャーとして泥まみれで投げ続けてる
僕は小さな酒場で こうして歌ってる
ささやかな物語を誰かに伝えたくて

誰もが夢見るスターのポジションは
もう僕らに与えられることはないけど
そうして誰の為の道かを教わった今
実は僕らの夢は始まったばかり そうさ

彼は心から野球を愛してる
僕は心から歌を愛してる
たとえ泥まみれで捨てられても笑ってみせる
たぶん自分の事以上に愛してる
そう 自分の事以上にね


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net