さだまさし 昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。 歌詞

さだまさしの「昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。」歌詞ページ。
「昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。」は、作詞:さだまさし、作曲:さだまさしです。

「昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。」歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

駅前旅館をバスが 出たのは8時5分
これからわしらは修学旅行の第2日
794ウグイス平安京から 大化の改新ヘ
半分寝ながら 向かっているところ
プレイボーイの山下がガイドにべたついて
週番の広田はビニール袋に蒼い顔
坂元たちは夕べのぞいた女風呂談議
誰の乳がでかいのちいさいの

春日大社に興福寺 誰かが唄った東大寺
柱の穴がくぐれずに 秋田が静かに落ち込んだ
鹿せんべいを喰った奴 こそこそ土産を選ぶ奴
ひたすら眠りこける奴 ため息ばかりついてる奴

昨日 京 奈良 飛鳥 明後日
青春は青空なのぢゃ
あゝ 美しき思い出の 修学旅行

昨日京都で謎を見た 女は一人じゃ便所へゆけぬ
ブラシ持っては金閣寺 しゃべり続けて銀閣寺
八瀬の大喰い食べ続けては 京都大腹三千人
おそらく生涯 治らぬことだろう
クラス委員の福田と野原に怪しい噂
記念写真に隣同士で必ず写っとる
立山の奴が今夜井上に告白するから
わしはそのシナリオ書きにまっこと忙しい

龍馬に中岡慎太郎 舞妓に月形半平太
わしの相手が見つからぬ 人の世話ばかりじゃ身が持たぬ
姉三六角蛸錦 四条五条の橋の上
わしが独りで見栄を切る 弁慶すらも現れぬ

昨日 京 奈良 飛鳥 明後日
青春は孤独なのぢゃ
あゝ 美しき思い出の 修学旅行

宅間の酒が見つかって 男は連帯責任と
全員正座の腹いせに あいつ後ほど布団むし
いつか笑える時が来る ふと懐かしむ時が来る
そんなこんなで日が暮れて
ああだこうだで明日が来る

昨日 京 奈良 飛鳥 明後日
青春はときめきなのぢゃ
あゝ 美しき思い出の
修学旅行
修学旅行
修学旅行〜♪


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

STARS

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

誰も見えない光名付けようのない気持ち宛名のない...

PARALLEL PARALLEL

東方神起

淡い期待すれば Clumsy (Don't you k...

夜空を翔ける

ケツメイシ

追いつけないほどずっと遠くに気づけないほどもっと近...

ドラマチックじゃなくても

花澤香菜

時間よ止まれ 少しだけ…始まりは いつだった?...

雨の空港

森山愛子

なぜか悲しい 雨の空港あなたは返す わたしの傘を...

叶える

諸星すみれ

夜見る夢とおんなじ名前が付いてる理由は起きたら...

(NOT) Remember you

浜崎あゆみ

馬鹿やってんじゃないほどがあるってもんどのツラ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net