伍代夏子 港恋唄 歌詞

伍代夏子の「港恋唄」歌詞ページ。
「港恋唄」は、作詞:吉岡治、作曲:弦哲也です。

「港恋唄」歌詞

歌:伍代夏子

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

指でおくれ毛 撫でつけて
紅もひと刷け 冬の花
あなた早く 早く気付いてよ
「おし乃」という名の 灯りをつけて
命焦がして 待っている
港恋唄 おんな唄

口は荒いが 優しくて
二人似たよな 傷がある
あなたぐっと ぐっと呑み干して
昔のことなら 何処かに預け
酔いにまかせる 夢一夜
港恋唄 おんな唄

坂を下れば かもめ島
春が来そうに 光る海
あなたがきっと きっと帰ってよ
約束ばかりが するりと逃げる
そんな気がして 泣きそうな
港恋唄 おんな唄

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

BiSH

あんなことこんなことありました君の笑顔が輝いてまし...

BLUE DAISY

IVVY

話し始めよう これは僕らの短くとも濃いSTORY眠...

Escape

FANTASTICS from EXILE TRIBE

初めてあなたを見た瞬間戻れない恋におちた僕は騙...

ROUTE 16

FUNKY MONKEY BΛBY'S

週末乗るレンジローバーじゃなく中古の軽自動車バイト...

少年

LAST FIRST

少年よ 笑ってるか?夢を追ってるかい?古い...

Fiore

Rocket Punch

気づいて この香りに もっと遠くで立ってないで H...

The Last Journey ~47の扉~

DEEN

交差点の向こう側に佇む青年30年前の自分と重な...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net