原田悠里 氷見の雪 歌詞

原田悠里の「氷見の雪」歌詞ページ。
「氷見の雪」は、作詞:つじ伸一、作曲:岸本健介です。

「氷見の雪」歌詞

歌:原田悠里

作詞:つじ伸一

作曲:岸本健介

能登から涙が 追いかけて
氷見(ひみ)の港で 雪になる
愛の名残りは この掌(て)の中に
大事に包んで いるけれど
寒すぎますよ おんな独りは
一緒について 行きたかった

今では漁り火 見えなくて
氷見はひっそり 白い色
恋の火をつけ 炎(も)やしておいて
男のひとって 無情(つみ)ですね
死にたいほどの こんな切なさ
あのひと知って いるのでしょうか

この海吹雪(ふぶ)けば あのひとは
氷見へ戻って 来るかしら
それが幻想(ゆめ)だと 判っていても
忘れはできない おんなです
一筋眉を 強く引いたら
明日は春が くるでしょうか

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net