大月みやこ 女の港 歌詞

大月みやこの「女の港」歌詞ページ。
「女の港」は、作詞:星野哲郎、作曲:船村徹です。

「女の港」歌詞

歌:大月みやこ

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

口紅が 濃すぎたかしら
着物にすれば よかったかしら
二ヶ月前に 函館で
はぐれた人を 長崎へ
追えば一夜が 死ぬほど長い
私は港の 通よい妻

信じても ひとりになると
ぷつんと切れる ふたりの絆
たしかめあった 横浜の
桟橋はなれ 塩釜へ
向かうあなたが もう気にかかる
いつまでたっても 恋女

海猫の 声ききながら
港の宿で あなたを待てば
たずねる船は 青森にゃ
寄らずに 佐渡へ行くという
つらい知らせは 馴れっこだから
夜汽車でマフラー 編むのです

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net