大月みやこ 京都ひとり 歌詞

大月みやこの「京都ひとり」歌詞ページ。
「京都ひとり」は、作詞:喜多條忠、作曲:南こうせつです。

「京都ひとり」歌詞

歌:大月みやこ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

冬の京都の街は ひとりが寒い
恋の終わりの 比叡おろし
哲学の道 歩くふたりを見てた
山吹の蕾には かすかな未練の香りです
ふわ ふわ ふわ ふわり
雪が降ってく

人の別れはいつも 心がちぎれ
あかい夕陽が 胸に落ちる
にぎわいの声 響く錦の市場
鴨川のせせらぎに 白鷺ぽつんとひとりきり
はら はら はら はらり
京都ひとり

寺町あたり 濡れた石畳には
あの頃の 幸せが後ろ姿で遠去かる
ゆら ゆら ゆら ゆらり
京都ひとり

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

君はもっとできる

HKT48

君はもっとできる何を躊躇う?(躊躇う?)こ...

だってめぐり逢えたんだ

純烈

好きさ その瞳が 好きさめぐり逢えた二人 気持ちは...

宿縁

ASIAN KUNG-FU GENERATION

なぁ過去の君よ今の君と何もかもが一緒なんて...

Platinum MASK

Beit

漂う新月と似ているペルソナ 目が合えば Checkma...

Dear Doze Days

鬼頭明里

めくるめく日常穏やかな陽のように今 キミへささ...

またね

ハンブレッダーズ

ひとりぼっちの大きさは人によって違うから君の気持ち...

女のはじまり

青山新

もっと優しい 男がいるとあなたは背中を 向けるけど...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net