大月みやこ かわせみ 歌詞

大月みやこの「かわせみ」歌詞ページ。
「かわせみ」は、作詞:杉紀彦、作曲:弦哲也です。

「かわせみ」歌詞

歌:大月みやこ

作詞:杉紀彦

作曲:弦哲也

(台詞)
きれいな川鳥でした
透(す)きとおった空色の背中と 脚がサンゴの色してて
それに羽根がヒスイの色してましたわ
何であのとき そんなこまかいとこまで見てたんやろ
(あれは かわせみや)
そう教えてくれたあの人とは そのとき
何(なん)や別れるような気がしたんです
まぼろしの鳥かわせみやなんて
二度と見られへんかもわかれへん鳥を
あのとき あの橋で見たやなんて……
なんと皮肉なことですやろか

春というのに えりまき巻いて
あんた見送る 未練橋
手をふるだけの 別れとちがう
二人の背中に 残した爪あと
離れちゃだめと いたみが走る
私 なりたい 夜明けのかわせみ

(台詞)
まぼろしの鳥をみたさかい
私とあの人の事(こと)もまぼろしになってしもうたんやろか……
かわせみのメスのくちばしは赤い言いますけど
あれは きっと死ぬ想いで恋をしているからやと……そい思います

おんな一人を 残して夜明け
急に寒さが しめつける
約束ひとつ してへんけれど
心に身体に あんたが溢れて
この先つらい 月日が来ます
恋を追いたい 夜明けのかわせみ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

大月みやこの人気歌詞

人気の新着歌詞

夜が泣いてる

神野美伽

男ひとりの 屋台酒月も詫びてる 影法師夜が泣い...

しあわせの花

ジャニーズWEST

幸せよこの指にとまれ 抱きしめた思いに花が咲くのさ...

Foxy Grape

原因は自分にある。

午後の日差しが焼き付ける怠惰な世界いつものように人...

ノマド

25時、ナイトコードで。

途方もない時間だけまた過ぎていく此処は理想郷で...

俺は最高!!!

郷ひろみ

俺は最高 君も最高1つ人より燃えてるかい? いつも...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net