永井裕子 菜の花情歌 歌詞

永井裕子の「菜の花情歌」歌詞ページ。
「菜の花情歌」は、作詞:阿久悠、作曲:四方章人です。

「菜の花情歌」歌詞

歌:永井裕子

作詞:阿久悠

作曲:四方章人

三日つづいた 西風が
夜の終わりに ふと止んで
窓を開けたら 一面に
菜の花咲いて 春でした
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしがきれいになったのが

陸を黄色に 染めたのは
わたし迎えて ほしいから
千も万もの ハンカチを
並べたような つもりです
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしが本気になったのが

朧月夜の 菜の花は
恋のしとねに なるでしょうか
そんな想いに 頬そめて
夢みて暮らす わたしです
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしの涙が光るのが

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

STARS

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

誰も見えない光名付けようのない気持ち宛名のない...

PARALLEL PARALLEL

東方神起

淡い期待すれば Clumsy (Don't you k...

夜空を翔ける

ケツメイシ

追いつけないほどずっと遠くに気づけないほどもっと近...

ドラマチックじゃなくても

花澤香菜

時間よ止まれ 少しだけ…始まりは いつだった?...

雨の空港

森山愛子

なぜか悲しい 雨の空港あなたは返す わたしの傘を...

叶える

諸星すみれ

夜見る夢とおんなじ名前が付いてる理由は起きたら...

人人人

SixTONES

すました顔で登場 上々 準備なら上等元気まで譲渡す...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net