永井裕子 雨夜譚(あまよがたり)~渋沢伝~ 歌詞

永井裕子の「雨夜譚(あまよがたり)~渋沢伝~」歌詞ページ。
「雨夜譚(あまよがたり)~渋沢伝~」は、作詞:万城たかし、作曲:四方章人です。

「雨夜譚(あまよがたり)~渋沢伝~」歌詞

歌:永井裕子

作詞:万城たかし

作曲:四方章人

人の世は 志し杉の如く 葵は義を以って 花と咲く

雨の終わりの ひと雫
落ちて澱むか 利根の川
風は武州の 如月に
産ぶ声あげる 赤子あり
やがて白眉と 知る由もなし

「何と申されるか? 御用金が五百両とな! 我はいまだ十七才(じゅうしち) いかに領主さまのご命令であろうと
手元不如意にござる 一途に農民町人と卑下され まさに人間以下に扱われては 歯牙にも掛けられ
ぬ有様ではあるまいか! 家柄だけが無闇に重んぜられる そんな そんな世の中が・・・癪の種
同じ人間に生まれたからには 何が何でも 武士になって見返すこと・・・
それがそれが私の 栄一(えいいち)の生きる道にございます」

勝てば官軍 負ければ賊と
非情無情な 鳥羽・伏見
暗雲流るる 都の空に
時世時節か 葵が枯れる
我れ主君 徳川慶喜公
臆病者と謗(そし)られようが
戦わずして明け渡す 江戸の城
なぜに汚名晴らさぬ
日陰身の 侘住居
あ・・・吾れ思う

天の使命と心して
枯れ木に花を 咲かせなければ
恩に背いて 男が・・・男が アンア・・・立たぬ

「男はいかに 丸くとも 角を持たねばならぬもの 金はボロに包んでも 金でもあるが 石は錦に包んでも
石のまま・・・ 夢なき者は 理想なし 更に信念・計画・実行 成果なき者 幸福なし ゆえに
幸福求むる者は 夢なかるべからず」

「わが人生は 実業に在り」

明治維新の 幕開けが
八面六臂の 国づくり
明日の日本の 礎に
算盤弾き 大暴れ
雨夜譚(あまよがたり)に 我れ姿あり

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

永井裕子の人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net