ゴスペラーズ 約束の季節 歌詞

ゴスペラーズの「約束の季節」歌詞ページ。
「約束の季節」は、作詞:安岡優、作曲:北山陽一です。

「約束の季節」歌詞

歌:ゴスペラーズ

作詞:安岡優

作曲:北山陽一

「さよなら、明日また」
そして少し微笑んで 君は
思い出の扉を開けて
歩き始めた 新しい時を

いつもの帰り道
だけど何も言えなくて 僕は
最後に君の頬に触れた
右の手のひら空にかざした

あの日見た夏の眩しさが
何度通り過ぎても
たった一つ変わらないもの
この愛の意味を

※いつか言葉を聞かせて
その心まで声を届けて
離れていても
二人の季節がそこにあるから
約束するよ 君と歩こう※

違う昨日を選んだ
それは同じこの街で 二人
重ねた今日の
そのどこかで一つの時を分け合うために

見上げれば夏が眩しくて
雲を追い掛けるけど
たった一つ見せてあげるよ
この愛の意味を

いつか言葉を聞かせて
その心まで声を届けて 僕の全てを

あの涙の跡にそっと
今年も光放つ太陽が
約束の季節に虹を架けて
もう一度笑える きっときっと

(※くり返し)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net