ポルノグラフィティ 鉄槌 歌詞

ポルノグラフィティの「鉄槌」歌詞ページ。
「鉄槌」は、作詞:新藤晴一、作曲:新藤晴一です。

「鉄槌」歌詞

歌:ポルノグラフィティ

作詞:新藤晴一

作曲:新藤晴一

裁判は僕の知らない深い夜のうちに
決していて明日を奪う
反論の機会もなくそれに従う日々
仮面をつけた判事が笑う

あいつそれきり僕の姿など目に映らないようにして
足のぬかるむ道を行くように陰鬱と湿った同じ日を繰り返させる

無駄とは知りながらスプーンで抜け穴を
掘っているんだ手伝うかい?

高くそびえた塀の外側は新しい陽がさすのだとか
使い古して朽ちる前のここに流れる時間より乾いてるんだろ

声を打ち消す鉄槌の音が ああ…
あいついつまで僕を押しとどめ罰を負わせるんだろう
それは夜ごとに僕にくだされて身に覚えのない罪が暴かれる裁判

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net