ケツメイシ 若気のいたり 歌詞

ケツメイシの「若気のいたり」歌詞ページ。
「若気のいたり」は、作詞:ケツメイシ、作曲:ケツメイシです。

「若気のいたり」歌詞

歌:ケツメイシ

作詞:ケツメイシ

作曲:ケツメイシ

思い出せば恥ずかしい 話も懐かしい
遠き過去 輝かしい 若気のいたり

とあるネオン光る歓楽街
夢と風俗 新聞抱え徘徊
「一万円ポッキリで!」と誘われ
ユーロビート響くお店の中へ
薄暗い部屋で 待つこと数分
かわいい娘が来て 気分ルンルン
やる気十分 晴らせ鬱憤
ムンムンしてプンプンしてクンクンしてズンズン
夢から目覚め 待合室で
そこにおにいさん 僕の方へ
「良かったでしょ! はい八万円」
おい! 笑って言う目が笑ってねぇ
「え!? って言うか一万円ポッキリですよね?」
「いやいやいやいや~お客さん! それは入場料。
七万円が入浴料。言ってる意味分かるよね?」
これが巷で噂のぼったくり!!
ちょっと待て 僕は入浴もしていません これ以上払えません
小銭も取られ なんとか店を出て
肩を落として駅の前
あれっ! 帰りたくても帰れませんので
電車賃だけ貸してくれー!!

サイテー サイテー だオレ イカしてー イカしてーよ
返せー 返せー オレの青春を 再生 再生

今宵 八時から始まる合コン
勝負パンツはき めでたい妄想
どんな女 呼んだ? まあそんなもんか
ともあれ 人間で女だもんな
「え!? ちょっと待て 誰が見ても不釣合いっていうか 美女軍団じゃねーかー」
今で言うなら ローサーにエビちゃん
最後にご存知 クリステル
俺の視線釘付ける でも遠くの席へとスリ抜ける
上がりまくりテンションは のっけからも絶頂
ブラが出てチラリ おめ目飛び出ギラリ
野郎共は釘付け クリス俺をスリ抜けて
座る場所が遠ーい!! もっと こっちこーい!
「何飲むの?」「ウーロンティー」
宴はすっかり盛り下がり
まあいーや 乾杯 空回り会話 あいまい
ならば取りかかる 「ゲームでしょう? ここは」
山の手 牛タン ニョッキで勝負
やってみれば 男ばっか 負けてばっか
負けて飲んで あえて酔って 俺らどうなんだ?
「困ったなーこれは お前なんかないのかよ?」
「じゃ 例のいきますかっ?」
「そんな数珠なんか持ち出して 大丈夫かよ?」
「信用しなさいよ! 地獄に落ちるわよ!」
カズ子もびっくり占いで なぜか何やら隣が沸き上がる
許せねえぜ そこの盛り上がり ならば俺もと立ち上がる
「私 田中も芸やります! 題しましてオナラファイヤー!!!」
服脱いで 尻拭いて お着火ライターセッティング
オナラコールを背に受けて お尻とライターペッティング
でも酔い過ぎて飲み過ぎて なんだか腹の調子悪い
屁かと想ったら尻が熱いよっ! 待ってましたの大ナマイトッ!!

サイテー サイテー と言われ 胃が痛てー 胃が痛てーよ
返せー 返せー オレの青春を 再生 再生

思い出せば恥ずかしい 話も懐かしい
遠き過去 輝かしい 若気のいたり

感じてるフリしてよがる女 そうなりゃ男は張り切るもんだ
どんなもんだと ばかりに揉んだ 胸はいっさい不感症か?
ならば流行りのエロ本で読んだ HOW TO 女のイカせ方
「あーそう! そう! そう! このページ このページ 頑張れー!」
フゥー っと耳にささやきかける
スゥー っと舌先をすべらせる
ギュー っと突然抱き寄せる
がその子はぜんぜん変わらぬ反応
「君マグロ?」「いやガングロ」
まともな会話にも 一苦労
「もう帰ろう!」「いやおフロ」に入り その子を一人残し
「あれ、おかしな~ 俺のテクニッキが…どうなってんだっ?」
フロからあがったら 汗ダラダラ
長湯をしたせいか 喉カラカラ
待たせたいいわけを タラタラ
振り返ったら その子はいなかった
「でもRYOJI君 イケたんっすよね? いいじゃないっすか?」
「DAIZO! まだまだ青いなー この話には続きがあんだよ…
ついでにサイフもカラだった」

返せー 返せー オレの金返せー 返してよ
サイテー サイテー なオレの青春 再生 再生

思い出せば恥ずかしい 話も懐かしい
遠き過去 輝かしい 若気のいたり

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

ケツメイシの人気歌詞

若気のいたりの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net