角松敏生 夏休み 歌詞

角松敏生の「夏休み」歌詞ページ。
「夏休み」は、作詞:角松敏生、作曲:角松敏生です。

「夏休み」歌詞

歌:角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

忘れ去った日々が
窓を通り抜ける
太陽に手を翳したまま
黙り込んだ麦藁帽子が揺れてた
ねえ もうすぐ夕立がくるから
帰ろう
僕らの積木の街が待ってる

誰もいない通りは
陽炎でいっぱい
ねえ 冷たいラムネをくれない?
行くあてない 恋にちょっと疲れたから
波の音がポスターから聞こえた
ほら見てよ
僕は何処にだって行けるんだ

汗ばんだ街に
風が吹き始めると
僕はもうご機嫌さ

誰でも変われるはずなんだ
あとは知らない
ただなんとなくわかるだけ

耳元で淋しがりやが歌う
それもいつか聞こえなくなるだろう
ほら静かだね
通り雨のあとで
何もなかったように
僕は荷物をまとめている

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が10曲収録されています。

夏休み(吉田拓郎)

夏休み(小池美由)

夏休み(平川地一丁目)

夏休み(wacci)

夏休み(ぴこ・ちこ)

夏休み(熊木杏里)

夏休み(唄侍)

夏休み(PUNPEE)

夏休み(ROTTENGRAFFTY)

夏休み(鬼束ちひろ)

角松敏生の人気歌詞

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net