角松敏生 木洩れ陽 歌詞

角松敏生の「木洩れ陽」歌詞ページ。
「木洩れ陽」は、作詞:TOSHIKI KADOMATSU、作曲:TOSHIKI KADOMATSUです。

「木洩れ陽」歌詞

歌:角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

真夏の時間が吹き抜ける風に
散らばる光があなたの髪に舞う
何処かで見てたあの日は
遠くで絡まる想い出の欠片
僕らはいつでも影踏みをしながら
背中合わせの日々の中で
愛も語れず何も言えず
それでも傍に居たい
たったそれだけで気が済むようなEasy Love

この手を翳して日影を作ろう
あなたの心が涼しくなるように
随分時は流れたけど
何も言わないで伝えられる
そんな嘘みたいなことだってあるんだ
だからこうしてまた出会えたのも
偶然じゃないと問いかけてる

何も言わないで伝えられる
そんな嘘みたいなことだってあるんだ
信じられるかな?

あの日と同じ陽射しの中
動かぬ影を見てる
流れる雲間に夏が往くよ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

木洩れ陽(岩出和也)

角松敏生の人気歌詞

木洩れ陽の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net