井上陽水 灰色の指先 歌詞

井上陽水の「灰色の指先」歌詞ページ。
「灰色の指先」は、作詞:井上陽水、作曲:井上陽水です。

「灰色の指先」歌詞

歌:井上陽水

作詞:井上陽水

作曲:井上陽水

彼の性格はひどい無口
声の出し方を忘れたよう
20才まえまでは誰にも会わずに
いつも壁のそばに居た

彼の職業はプレス加工
アルミニュームを曲げてのばす
指先の色もいつしか変わって
どうに指紋はなくしてた

灰色の指先で毎日をなぞっても
数えても重ねても仕事場は流れ作業

彼が恋したのは街の女
彼を受けいれた ただの女
悲しみも喜びもない時間が
遠いゆるやかな記憶

街の夕暮れにイルミネイション
彼は人ゴミにとけてしまい
この街で205人が今日生まれ
203人の死亡

灰色の指先で明日の日を探しても
夢見ても願っても仕事場は流れ作業

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net