吉永小百合 野麦峠 歌詞

吉永小百合の「野麦峠」歌詞ページ。
「野麦峠」は、作詞:曽我部博士、作曲:曽我部博士。

野麦峠 歌詞

歌:吉永小百合

作詞:曽我部博士

作曲:曽我部博士

野麦峠、飛騨の山なみの中でもひときわ
高い乗鞍岳と御岳の深い山あいを縫うけ
わしい峠道。明治から大正にかけて昔の
飛騨の女子衆は、みんなこの峠を越えて
糸ひきに行きました。

野麦 野麦峠 越えて
あねさどこ行く あねさ
あねさ 糸ひきさ
あねさ信州の きかやで
糸ひき一年 はたらいて
いとしいかかさの 顔みたや
とんと とんと えーえ えーえ
顔みたや

「辛抱せにゃだちかんよ」かかきまの声が
まだ耳に残っています。寒さと飢えと恐
ろしさで泣き泣き歩くまだほんの十二・三
のちいさな糸ひきさもいました。雪に足
を滑らせて目もくらむような谷底に落ちて
いった糸ひきさもいます。女子衆は皆の
帯を解いて何本も結びあわせ、助け綱に
してやっと助けあげました。でも、どうに
も助からなかった糸ひきさもいます。だん
だんか細くなっていく泣声がいつまでも
野麦峠の山あいに響いていきました。

山は 山は吹雪 吹雪
ふりかえれば 飛騨は
雪に けむる
お高租頭巾に 手甲脚絆
つまかけ草軽を きりりとしめて
雪は 野麦の峠みち
山よ 山よ えーえ えーえ
荒れるなよ

野麦 野麦峠 越えて
あねさどこ行く あねさ
あねさ ふるさとさ
飛騨ブリャ 山越え 越中から

糸ひき あねさは 信州から
年とりまでに 早うもどれ
あねさ あねさ えーえ えーえ
早うもどれ

あねさ あねさ えーえ えーえ
糸ひきさ

いまも峠の道には名も知らぬ白い野の花が
いつかこの野麦峠を越えていった
糸ひきさのこころのように
――――遠い遠い空をみつめています。

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

LiSA

さよなら ありがとう 声の限り悲しみよりもっと大事...

アカシア

BUMP OF CHICKEN

透明よりも綺麗な あの輝きを確かめにいこうそうやっ...

Stand by me, Stand by you.

平井大

今日はキミの寝顔見てから眠るって決めていたのに...

灯ル祈リ

コブクロ

“清らかな水 運ぶ為に 汚れる水があるという”誰の...

君の彼氏になりたい。

Snow Man

大好きだけど大好きだとは自分からは言わないね。...

シエラのように

10-FEET

どうやらここでお別れみたいもう会えないみたいだね...

赤の同盟

東京事変

ええい何が起きても結構どんな騒ぎへもてんで乗じませ...

I believe what you said

亜咲花

静かに震わせる空気 意味深な沈黙光の歪曲が満ちて ...

ハニーメモリー

aiko

思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない君がいな...

アイカタ

ベリーグッドマン

お前の隣は俺しか似合わない俺の隣はお前しか似合わな...

散りてなお

手嶌葵

さらさらと 枯れさわぐ 川原ゆく 光と影今はなき故...

風を食む

ヨルシカ

明日はきっと天気で 悪いことなんてないねタイムカー...

Anti world

高槻かなこ

瞳に映した見慣れない日常 常識から片足出してる慰め...

悠幻

ael-アエル-

この胸は満たない君と出会ってからまた夢に潜って...

Gimmme!

ORESAMA

おやすみくるくる目紛しいほどじりじり焦れる...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2020 J-Lyric.net