藤田まこと 浪花しぐれ「桂春団治」 歌詞

藤田まことの「浪花しぐれ「桂春団治」」歌詞ページ。
「浪花しぐれ「桂春団治」」は、作詞:渋谷郁男、作曲:村沢良介です。

「浪花しぐれ「桂春団治」」歌詞

歌:藤田まこと

作詞:渋谷郁男

作曲:村沢良介

酒も呑めなきゃ 女も抱けぬ
そんなど阿呆は 死になされ
この世は呑ン兵衛が 引き受けた
あの世はあんたに まかせたぜ
男浮名の エー 春団治

「わいは女が好きゃ、ほんまに好きゃー、
世間の奴らはわいのことを女たらしとか
後家殺しとか云うけど アホぬかせ
女もこしらえんと金ばっかりためる奴は
一人前の芸人とは云わんわい
うまいもん喰うて飲みたいもん飲んで
女が惚れて 来たらこっちも惚れたる
これがほんまの芸人や……
何やて税金払わんよって差押えに来たてか
ああ何ぼでも押えてや けど云うとくで
そこらの品物にぎょうさん紙はっても
無駄なこっちゃ はるんやったらな
わいの口に一枚はった方がねうち有るで
わいはなァこの春団治はなァ 口が身上や」

人情小咄(こばなし) お色気ばなし
口も八丁 手も八丁
女房は捨てても 捨て切れぬ
八方破れの 寄席太鼓
いのち捨身の エー 春団治

「どいつもこいつも
わいの心のわかる奴は一人も居らへん
女房まであいそつかして出て行きくさった
えーわい 春団治のねうちの
わからん様な女房なんかいらんわい
わいは高座に命を賭けてるんや
女房が何じゃい子供がどないしたちゅんじゃい
わいの女房は落語じゃい」

拗ねてせばめた 浪花の空に
何んで丸ァるい 月が出る
ほろ酔い気嫌の 屋台酒
よろけてひと足 また三足
ホロリ涙の エー 春団治


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

藤田まことの人気歌詞

浪花しぐれ「桂春団治」の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net