原田知世 野営(1912からずっと) 歌詞

原田知世の「野営(1912からずっと)」歌詞ページ。
「野営(1912からずっと)」は、作詞:鈴木慶一、作曲:鈴木慶一です。

「野営(1912からずっと)」歌詞

歌:原田知世

作詞:鈴木慶一

作曲:鈴木慶一

最初にしたことは この地の果てのような
部屋に灯をともし 毛布をかけて
ラムかテキーラかは忘れたけれども
口に含んで書いた 航海日誌

オー 大きな船の事故からSOSがきて
1912年 沈んでゆくのが
ここから見えた

西インド諸島に巡り着いた頃は
パリもカリブも同じ酒が流行って
ナイフの柄が朽ちていくのも忘れて
バラ色の日を刻む ヤシの実 流す

オー そのころ遠い黄金色の東の国からは
新しく王様が生まれた話が
ここで聞こえた

沢山の兵士たちが いろんな武器を持ち
同じ事させられた跡が 潮に流されて
ここに届いた

最後に言っておく事は あの年に穫れたこの
最低のブドウ酒を飲み干すのは誰でもない
あなたに向けて 今 あなたのために


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net