斉藤和義 老人の歌 歌詞

斉藤和義の「老人の歌」歌詞ページ。
「老人の歌」は、作詞:斉藤和義、作曲:斉藤和義です。

「老人の歌」歌詞

歌:斉藤和義

作詞:斉藤和義

作曲:斉藤和義

それなりにいつも
そこそこの日々はあるけど

体中が震える
出来事は少なくなるな Mn...

そうゆうもんさ
Mn... <涙>


目を閉じれば
今も夕べの事のよう
忘れはしない

いつも僕は 大きな君の湖で
泳いでただけさ


ひとりきりじゃ
なんにもできやしないのに
カッコばかりで

気がついたら 大きな君の湖も
水が枯れてた

ところで、君 そろそろ僕も
ドライブに出かけるよ

しがらみや 悲しい嘘や
矛盾もない宇宙へ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

絶対インスピレーション

SKE48

インスピレーション頭の中でピンと来たんだインス...

星空のCeremony

THE ALFEE

カシオペアを探して車で丘の上まで来た凍える冬の...

Shadow Effect

DiverDiva

Take off 重力の境界線から解き放たれたガイ...

Replay

DISH//

Replay巻き戻せない同じ朝は二度とないよ...

一杯のジュテーム

秋元順子

馴染みのバーで 頬杖ついてあの人 星を旅して一人よ...

祝福

YOASOBI

遥か遠くに浮かぶ星を想い眠りにつく君の選ぶ未来...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net