植田佳奈 KIRARI 歌詞

植田佳奈の「KIRARI」歌詞ページ。
「KIRARI」は、作詞:こさかなおみ、作曲:川井 憲次です。

「KIRARI」歌詞

歌:植田佳奈

作詞:こさかなおみ

作曲:川井 憲次

小鳥の声が響いた ちょっと早めの朝には
お気に入りの紅茶淹れ 青い空を眺めてみるよ

普通なんてつまらない そんなふうに思ってた
けれど当たり前だって「悪くないね」
呟いていた

自分の気持ちだけにはウソはつけないね
まっすぐ前見ているから強気でいたい!

キラリと陽差しはじけてる
反射するよ心の鏡(ミラー)に
曇りはしない正直な
私でいたいから

開け放した窓辺から射し込む木漏れ日揺れて
髪を撫でてゆく風に花の香りかすかに混ざる

泣いてるヒマなんかない 涙忘れていたけど
時にラクになることも「大事だよね」
気づいてたのに

痛みを越えた数だけ優しさがわかる
胸を張って誇れるから笑顔で言える!

キラリと雲が流れてく
現在(いま)を描く気持ちのままに
迷いはしない真っ白な
私でいるために

キラリと陽差しはじけてる
反射するよ心の鏡(ミラー)に
曇りはしない正直な
私でいたいから

私でいるために

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

Kirari(西野カナ)

植田佳奈の人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net